東京調布市「国領歯科医院」は一般歯科治療からインプラント治療・ホワイトニング、矯正歯科、スポーツ歯科まで専門医にお任せ下さい。

東京都調布市、国領歯科医院では一般歯科治療、審美歯科、ホワイトニング、インプラント治療、矯正歯科、スポーツ歯科、美容歯科治療を行っています。インプラント認定医や矯正歯科専門医も常駐、女医もおりますので小児、子供、成人、女性の方でも安心して歯科、虫歯の治療が受けられます。

子供の歯科治療

ママは家庭の歯医者さん―予防に始まり予防に終わる

むし歯は赤ちゃんの頃にお母さんから唾液を介してうつる場合がほとんどです。このことからも、赤ちゃんと接触するお母さん自身のお口の健康管理が、いかに重要かがわかります。永久歯に生えかわるまでは「親の責任」。毎日のケアは決して忘れずに!子供一人では上手に磨けません。 そして、ホームドクターをみつけて、乳歯から永久歯へ生え変わるまで定期的に検診を受けましょう。生え変わり時期の多少の歯並びのズレをチェックする事で、歯列不正を予防する事もできます。

定期的なフッ素の塗布

子どもは、甘いものを食べたり、歯磨きが上手にできなかったりと、お口の環境が悪くなりやすい状況にあります。そのため、虫歯から歯を守る対策が重要になってきます。フッ素は歯の構造を強くし、むし歯になりにくい歯を作ってくれます。定期的にお子様の口の中をチェックして、フッ素による歯の強化を行い、虫歯になりにくい環境を作りましょう。

シーラントによる虫歯予防

生えてきたばかりの歯は、溝が深く形も複雑です。また、歯も熟成されていないため、たいへん虫歯になりやすい状態です。「シーラント」とは、その溝を埋めることにより、清掃しやすい形にする治療法です。痛みもなく、治療も1本5分程度なので、お子様に奥歯が生えてきたら、是非一度ご相談下さい。

初期の虫歯発見と早期治療

3歳〜4歳では溝の部分に、5歳〜6歳では溝の部分に歯と歯の間に虫歯ができやすいと言われています。このような初期の虫歯は痛みが無いため発見するのが難しく、見逃してしまいがちです。虫歯は大きくなればなるほど、より大掛かりな治療を必要としますので、お子様には「歯の定期健診」による、虫歯の早期発見、早期治療を心がけましょう。

子供の患者さん―保護者からよくある質問

Q いつ、歯は生え変わるのでしょうか?
A 早い子どもは幼稚園の年中さん、一般的には6〜12歳のあいだに生えかわります。
Q 指しゃぶりは何歳までにやめさせるべきですか?
A 3歳くらいまでがひとつの目安です。この時期を過ぎると歯列不正になる可能性があります。
Q フッ素は本当に効くの?
A 塗布する場合としない場合では70倍もの有意差があるといわれています。
Q 矯正は何歳から始めたらいいですか?
A 個人差はありますが、だいたい永久歯が生え始まる小学校2〜3年生くらいからです。